Cradle ~いわゆるオンゲ戦記~

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    1. --/--/--(--) --:--:--|
    2. スポンサー広告

    第3次雷鳥育成考察

    3次職が実装され、大体の役割がはっきりしてきたミンストレル・ワンダラーですが、
    育成環境は、やはりいつものような状況にあるようです


    Loki鯖では、雷鳥のヒエラルキーが明らかに低く、メインとしている人は少ないです。

    理由としては
    ・PTでは主に演奏しているだけなので、吸い取り的立場としてみなされやすい
    ・ニヨ育成や、お座りで簡単に上げられてしまう環境において、雷鳥は2PC兼業が殆どである

    現在の高効率狩場は大きく分けると
    ・棚10F
    ・アビス03
    ・生体3F
    ・狭間03
    になります

    この中で、雷鳥が募集として上がるのは、悲しいですが棚10Fのみです
    棚10Fでは、メランコリーSppが使用される関係もあり、メランコリー役としての募集が殆どです
    棚10Fは今はメインキャラを育成する環境となっているため、メイン募集で雷鳥系が募集として残っていますが、
    今後メインキャラが育成ひと段落というあたりになると、外枠に雷鳥系という流れに自然となると考えられます

    雷鳥系は数は多いですが、2PCブラギやニヨ用というキャラが圧倒的に多く、
    それがこの流れの原因のひとつでもあるわけですが、今後GvG等でレベルが上がったキャラが出てきたとき、
    恐らく雷鳥系はBase100やそこらで止まってしまっているキャラが殆どで、Base130↑の雷鳥は本当に希少種となるでしょう
    ステータス100フラットがBase130後半となることもあり、そこがひとつの目標となっているキャラも居るわけですが、
    雷鳥系は満遍なくステを振ることによって、かなりの性能が見込めます

    タイミングを逃すのは本当に危険であると、ジプシーを持っている私は思います
    G内でのPT狩りが盛んなところは、全体の底上げにしっかりと雷鳥系を入れておいたほうが良いでしょう
    レベル差がつけばそれだけPT公平しづらくなり、更に差が開いてしまいます
    育成順に差がついてしまうのはどうしようもないことですが、育ちにくい職だからこその配慮が必要でしょう
    スポンサーサイト
    1. 2010/08/10(火) 19:42:12|
    2. 考察類
    3. | コメント:0
    <<帰省告知 | ホーム | RO日記 8/6>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    アクセスカウンター

    MTGスコアカード

    プロフィール

    code.regius

    Author:code.regius
    loki鯖で活動中。
    Gvにも参加しますがへちょいのですぐやられちゃう。
    今のメインはシャドウチェイサー。ちまちま上げてます。
    『何も残らないだけ、ゴミよりマシよね』
    ---------------------------
    主な所持キャラとか

    1st:Creator
    2nd:Assasin Cross
    3rd:Wanderer
    4th:Shadow Chaser
    5th:Whitesmith
    ----------------------------
    Skype/Messenger対応します
    知り合いで声かけてもらえれば対応します

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    最近の記事

    最近のコメント

    月別アーカイブ

    カテゴリー

    ブログ内検索

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。